カラオケ

この休み、家族でカラオケに行きました。
家族全員で行くのは初めてかもしれません。
気付くと3時間歌っていました。
時間の半分は、私が歌っていましたが。
息子の歌を聴いたのは、初めてでしたが、意外にうまかったなあ。
盛り上がり過ぎて、写真を撮るのを忘れていました。
やはり、幾つになっても子供は子供、そして、家族全員で居られる幸せを感じた時間でした。


富山へ

先日、YKK女子ソフトボール部の納会に、今年は娘が招待してくれたので出席してきました。 
第二の故郷富山、冬がすぐそこまで来ていました。 
IMG_0219_convert_20161205134357.jpg

納会は、笑いあり涙ありの素晴らしい会でした。
詳細は、部外秘なので書きませんがひとつだけ。
新入部員による出し物。 面白かったな~
IMG_0220_convert_20161205134422.jpg

この日は娘の誕生日の前日、二次会では私が歌を送りました。
尾崎豊の「きっと忘れない」
息子も娘も尾崎豊に興味を持ってるとは初めて聞きました。
完全に私の影響ですが。 

~ きっと忘れない ~
街の暮らしにも少しずつ慣れてきて
君の笑顔も素敵になってゆくようさ
-略-
Happy Birthdayいつだって君を忘れはしない
Happy Birthday君が好きさ心をこめて
生まれてきた喜びに君が包まれるように
今日という日を祝うよHappy Birthday to you

娘は多くの方々から誕生日を祝っていただいていました。
本当に感謝です。


誕生日

昨日8月18日は、私の27回目の誕生日でした。 
家に帰ると妻が、夕飯を作って待っていました。 お恥ずかしい 
ハートなど似合わないのですが 

IMG_0078_convert_20160819205325.jpg

ケーキもいただきました。 

IMG_0079_convert_20160819205412.jpg

今は、子供たちも自立したので二人暮らし、櫻井翔、有村架純似の二人もおじさん、おばさんになりました。 
野球で例えるなら、キャッチャーは女房役、私の暴投を捕れるのは妻しかいないと思います。
私は暴投しか投げられませんので、これからもよろしくお願いします。 


マリン

長年飼っていた猫(マリン)が、天国へ旅立ちました。
これは、ペットを飼っている人にとっては、必ず訪れることですよね。
しかし、寂しさは当然ありますが、その何百倍以上にマリンとの楽しい思い出が浮かんできます。
又、確かに形は亡くなってしまったかもしれませんが、今でも家中を駆け回っているように思います。
以前にも書きましたが、マリンは娘が小学生の頃、捨てられていたマリンを拾ってきました。
それ以来、私たち家族にとってマリンは、無くてはならない存在になって行きました。
子供たちが優しさを持って育ったのも、私たち夫婦の力より、マリンの存在が大きかったように思います。
でも、私たち家族もマリンに感謝ですが、マリンも私たち家族に出会って喜んでいると思いたいです。
こんなに可愛いです。
1448230709005_convert_20151125210755.jpg

1448230620138_convert_20151125210717.jpg

自分でお菓子をあさり、こんな格好も(笑)
こんな面白いことが多く、写真や動画を撮って、私たちを楽しませてくれました。
1448230523210_convert_20151125210640.jpg

1448230496428_convert_20151125210535.jpg

我家の家の柱には、マリンの爪跡が残りました。
その跡は、一生消えることはありません。
だから、マリンとの思い出も一生消えることはないでしょう。
ありがとう、マリン。
安らかに眠ってください。


キャッチボール

このシルバーウィーク、息子が帰省した。
すると何を思ったのか、「キャッチボールがしたい。」と言い出した。
子供か!!(笑)
こいつとキャッチボールをするのは何年ぶりだろう。
以前にもブログに書きましたが、息子とは会話が必要最小限である。
しかし、キャッチボールをすると気持ちが伝わってくる。
男としての意地がある。
息子は、「おやじには負けない。」と力一杯ボールを投げ、
おやじも、「お前には、まだまだ負けない。」と力を込める。
「俺を越えてみろ」という気持ちを込めて、
1442958957876_convert_20150923082242.jpg

1442958978300_convert_20150923082310.jpg

今年、就職をした息子、仕事も休みがないほど忙しく悩んでいる様子。
私も若い時は、遊びたくて、不平不満だらけでした。
でも、人生はいつ苦労をするかですよね。
学生時代に苦労をするのか、
20代で苦労をするのか・・・
60まで苦労をしない人は、その老後に苦労をするはずである。
一生、苦労をしない人など、ろくな人ではない。
今だから、「ブラック企業」などという言葉があるが、中小企業の多くが、「ブラック企業」でなくても、「グレー企業」が多いでしょう。
しかし、こんな理不尽な事が多い事も、後々、人として、そして男として成長させてくれるはずです。
キャッチボールで気持ちがリフレッシュ出来るなら、いつでもOKです。