香福

この日は、車を飛ばし福島県喜多方市へ。 
喜多方へは車で40分ほどですが、途中の峠は雪の壁になっていました。 
IMG_2106_convert_20180115182946.jpg

香福」に来ました。 
一山越えると雪の量は半分以下です。 
15年ほど前、私が喜多方で仕事をしていた時には、「香福」さんは無かったと思います。
営業時間は、
7:30~16:00
嬉しいことに朝からやってます。 
定休日は、火曜日です。
店内は、カウンター・テーブル・座敷合わせて25席ほどです。
IMG_2113_convert_20180115183211.jpg

こちらが、メニュー。 
メニュー名がユニーク、50のオヤジには注文するのが少し恥ずかしい。 
「肉ラーメン」はOKですが、「お肉ラーメン」はちょっと・・・ 
それに、「告白ラーメン」に「青春ラーメン」 
隣にいた少しいかつい顔をしたおじさんも、「告白ラーメンひとつ。」と注文してました。
IMG_2107_convert_20180115183010.jpg

お肉ラーメン大盛(950円) お知らせ
このビジュアル、どこかで見たなあと思い家に帰って来て調べたところ、お店のご主人は喜多方の神7(セブン)「坂内食堂」で修行されたとのこと、納得です。
IMG_2108_convert_20180115183034.jpg

スープは、これですよこれです
私の感じでは、坂内さんより醤油がやや強い感じで美味しい
このスープにお酢が合うんです。 
IMG_2109_convert_20180115183058.jpg

麺は、中太平打ち縮れ麺。
スープと麺のバランスが 
IMG_2111_convert_20180115183123.jpg

チャーシューは、厚めのホロホロバラ肉が一面。 
IMG_2112_convert_20180115183147.jpg

美味しかったです。 
ごちそうさまでした。
「香福」さんで、「幸福」になる一杯をいただきました。


らーめん一平

この日は、久しぶり妻と二人でラーメンぶらり旅。 
福島県喜多方市「らーめん一平」に来ました。 
テレビで紹介されていて、以前から気になっていました。
店内は、カウンター・テーブル・小上り合わせて、30席ほどです。
定休日は、水曜日。
喜多方は、週末はどこのお店も行列ですが、ここのお店もすごかった。 
IMG_1545_convert_20171009104008.jpg

IMG_1548_convert_20171009104443.jpg

名前を書かないで並ぶタイプです。 ご注意下さい
IMG_1546_convert_20171009104131.jpg

朝7:00~営業。 
IMG_1549_convert_20171009104618.jpg

こちらが、メニュー。 
IMG_1550_convert_20171009104805.jpg

IMG_1551_convert_20171009104952.jpg

じとじとラーメン(700円) お知らせ
IMG_1553_convert_20171009105305.jpg

特製ラーメン(1000円)+大盛(150円) お知らせ 
特製ラーメンは、背脂じとじとスープに、チャーシューびっしり、ネギ山盛りのラーメンです。
IMG_1554_convert_20171009105439.jpg

スープは、これですよ、これです。
豚拳骨スープに背脂がベストマッチ。
IMG_1555_convert_20171009105607.jpg

チャーシューは、豚バラチャーシューがトロトロ。
IMG_1556_convert_20171009105744.jpg

麺は、中太手もみ縮れ麺。
IMG_1557_convert_20171009110025.jpg

美味しかったです。 
ごちそうさまでした。
喜多方と新潟のいいとこ取りのラーメンでした。


うろた

福島県福島市、「うろた」へ行きました。 
名前を書かずに、来た順番で並ぶパターンです。 これ大事
IMG_1101_convert_20170610200410.jpg

こちらが、メニュー。 
IMG_1098_convert_20170610195916.jpg

IMG_1099_convert_20170610200053.jpg

IMG_1100_convert_20170610200117.jpg

IMG_1103_convert_20170610200633.jpg

店内は、こんな感じ。
一見、ラーメン店ではないようなオシャレな雰囲気。
IMG_1105_convert_20170610200702.jpg

5種の貝だしソバ(800円) お知らせ
IMG_1107_convert_20170610200752.jpg

醤油の純鶏ソバ(800円)+大盛(100円) お知らせ
IMG_1108_convert_20170610200840.jpg

スープは、鶏の旨味が抜群、ずっと飲んでいたいスープです。
脂で膜を張り、最後までアツアツです。
IMG_1109_convert_20170610200927.jpg

チャーシューだけが、ただのローストポークのような感じで残念。
IMG_1110_convert_20170610200952.jpg

麺は、細ストレート麺。
IMG_1111_convert_20170610201017.jpg

美味しかったです。 
ごちそうさまでした。
店内はオシャレ、ラーメンの見た目もオシャレ、客層は、若い女性も多かったです。


えなみ

少しずつ春の足音が聞こえていました。
少し遠出をして、福島県福島市「えなみ」に行きました。 
店内は、カウンター・テーブル合わせて20席ほどです。
名前は書かずに並ぶパターンです。 お知らせ
IMG_0620_convert_20170228195546.jpg

駐車場は、こちらです。 これ大事
IMG_0621_convert_20170228195700.jpg

「心をこめて商い中」
IMG_0626_convert_20170228195947.jpg

こちらが、メニュー。 
手タレの登場。 
IMG_0622_convert_20170228195746.jpg

IMG_0623_convert_20170228195829.jpg

これを見て、妻は塩らぁめんに決めました。
IMG_0624_convert_20170228195855.jpg

IMG_0625_convert_20170228195920.jpg

塩らぁめん(700円) お知らせ
IMG_0630_convert_20170228200130.jpg

特製コッテリ中華そば(1000円)+大盛(50円) お知らせ
一見、どこが特製なの 
と思いますが、中に何種類ものチャーシューなどが隠れています。
IMG_0627_convert_20170228200014.jpg

スープは、背脂が入っていますがあっさり、ブラックペッパーが効いています。
IMG_0628_convert_20170228200040.jpg

麺は、細いストレート麺。
IMG_0629_convert_20170228200107.jpg

美味しかったです。 
ごちそうさまでした。
妻曰く、久しぶりに胡椒を振らずに食べたようです。


らーめん蓮

私はまだ、「ラーメン二郎」には行ったことがありません。 
注文の仕方などにビビリ。 
そんな人、いるんじゃないですか。 
この日も、「二郎系」へ、福島県福島市、「らーめん蓮」に行きました。 

IMG_0673_convert_20160507193654.jpg

こちらが、メニュー 

CIMG2209_convert_20160424191452_20160507193832ffc.jpg

初めての方は、店内にいろいろな情報が掲示してあるので、ご注意下さい。 これ大事
女性の方には、小らーめんが おすすめ

IMG_0664_convert_20160507193340.jpg

すべて、セルフなのでご注意を これ大事

IMG_0665_convert_20160507193404.jpg

トッピングは、こちら 
注文は、
① 食券を買って、受付へ、有料のトッピングは食券で買って下さい。番号札が渡されます。
② 番号が呼ばれるので、受付へ、そこで無料のトッピングを聞かれるので注文。

IMG_0666_convert_20160507193428.jpg

ラーメン(680円)+ニンニク+生タマネギ。 お知らせ

IMG_0667_convert_20160507193457.jpg

やっぱり、「二郎系」は、断面が美しい。

IMG_0668_convert_20160507193519.jpg

スープは、「二郎系」特有濃い目で美味しかったです。

IMG_0669_convert_20160507193539.jpg

チャーシューは、私の好み、いかにもという食べごたえ。

IMG_0671_convert_20160507193631.jpg

麺は、太麺。
この麺とスープの相性が 

IMG_0670_convert_20160507193601.jpg

美味しかったです。 
ごちそうさまでした。