うちのごはん123

この週末、娘が帰省しました。
妻情報によると、「おやじ飯」が食べたくなったんだとか、ホントかウソかわかりませんが。
そして今回は、スペシャルゲストを連れて来てくれました。
YKKソフトボールチーム。
#2 関口紅里選手。
PIC_3926_convert_20171016203514_20171119164001095.jpg

PIC_3534_convert_20171016193308_20171119163959696.jpg

私もいつもより気合を入れて、6時間台所に立ち続けました。 
IMG_1778_convert_20171119162521.jpg

≪ローストビーフ≫
IMG_1781_convert_20171119162714.jpg

今回は、かなり急いで作ったので、調理過程の写真は撮りませんでした。
いつもは、レシピ通りの「おやじ18番」
しかし、いろいろ調べてみるとローストビーフは、肉の大きさによってオーブンで焼く時間が微妙でそうはいかないようです。
そこで必需品がこの料理用の温度計。
IMG_1785_convert_20171119162903.jpg

今回は、牛ももかたまり肉600g使用しました。
そして、オーブン120℃(余熱あり)で焼きました。
焼き加減は、この温度計で測定。
20分ごとに裏返しながら、
・レアなら54℃
・ミディアムレアなら57℃
・ミディアムなら60℃
のようです。
今回は、57℃にしました。 
お店でそのまま売られているローストビーフより、はるかに美味しいので是非、試してみて下さい。

≪マッシュポテトとサーモンのセルクルサラダ≫
IMG_1779_convert_20171119162611.jpg

≪アボカドのファルシー≫
IMG_1780_convert_20171119162638.jpg

はい、出ました。 
「おやじ18番」の18番、
≪手まり寿司≫
IMG_1782_convert_20171119162745.jpg

娘から「1品、面白いやつ。」とリクエストがあったので、
≪地獄ミートローフ(ハロウィンバージョン)≫
IMG_1783_convert_20171119162814.jpg

そして、一杯。 
IMG_1784_convert_20171119162840.jpg

娘は、本当に周りの人に恵まれています。
離れて暮らしていますが、それだから少し安心していられるのです。
日頃、お世話になっている恩返しをする予定でしたが、私たち夫婦も元気をもらいました。
私の料理を食べた人には、幸せが訪れるという都市伝説があるようです。 


ちゃんぽん風うどん

この連休、息子が帰省しました。
この間、習得した「手打ちうどん」を披露しました。 
息子は、某有名うどんチェーン店でバイトをしていたので違いが分かるはずです。
ちゃんぽん風うどん
【材料】(2人分)
うどん・・・2玉
豚肉(またはベーコンなど)・・・お好みで
お好きな野菜(にんじん、玉ねぎ、キャベツ、かまぼこなど)・・・お好みで
◎水・・・600cc
◎オイスターソース・・・小さじ1と1/2
◎鶏がらスープの素・・・小さじ2と1/2
◎かつおだし(顆粒)・・・小さじ1と1/2
◎塩こしょう・・・お好みで(たっぷりがオススメ)

【作り方】
① 野菜と肉は食べやすい大きさにカット。
IMG_1694_convert_20171106184051.jpg

② 鍋に油をひき、肉、野菜を炒め、水と◎調味料を加え、沸騰させる。
(試しましたが、少し味が薄いようなので、醤油を足して少し濃い目の味にした方が美味しいようです。)
IMG_1695_convert_20171106184114.jpg

麺はもちろん、手打ちうどん。 
今回は、この間より太さも良く、進歩しました。
IMG_1696_convert_20171106184137.jpg

完成。 
IMG_1697_convert_20171106184202.jpg

打ちたて、茹でたては違います。
IMG_1698_convert_20171106184230.jpg

息子も、ただ黙って食べていました。
言葉も出ないほど美味しかったのでしょう。 


黒石つゆ焼きそば

この日は、以前から気になっていた青森県のB級グルメ、「黒石つゆ焼きそば」にチャレンジしました。 
焼きそばをB級グルメに掲げている県は数あれど、焼きそばにつゆですよ。 
黒石つゆ焼きそば
【材料】(2人分)
中華蒸し麺・・・2玉
豚バラ薄切り肉・・・120g
玉ねぎ・・・1/2個
キャベツ・・・1/4個
長ねぎの小口切り・・・5cm分
揚げ玉・・・大さじ3
ごま油・・・大さじ1
ウスターソース・・・大さじ3
☆めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ3
☆鶏ガラスープの素・・・小さじ2
☆こしょう・・・少々
☆水・・・1と1/2カップ

【作り方】
① 玉ねぎは5mm幅に切る。キャベツは一口大に切る。豚肉は3cm幅に切る。
IMG_1651_convert_20171029092758_2017102914581342c.jpg

② 別の鍋に、☆の材料を入れて、煮立たさせ、温めておく。
IMG_1660_convert_20171029145513.jpg

③ フライパンにごま油大さじ1を熱して豚肉を炒め、色が変わったら玉ねぎ、キャベツを加えてしんなりするまで炒める。
IMG_1661_convert_20171029145539.jpg

④ 麺を加えて炒め、ほぐれたらウスターソース大さじ3を加えて炒め合わせる。
ここまでは、普通の焼きそば。
IMG_1663_convert_20171029145604.jpg

⑤ どんぶりに④を入れ、②を注いで、ねぎと揚げ玉をトッピング。
完成。 
IMG_1664_convert_20171029145632.jpg

意外や意外、ソースとつゆがベストマッチ。
IMG_1665_convert_20171029145700.jpg

美味しかったです。 
是非、お試しください。


手打ちうどん

この日は、手打ちうどんが食べたいと思い、自分でチャレンジしました。 
昼に食べるうどんを、朝8時から作り始めました。 
【材料】(4人分)
中力粉・・・333g
塩・・・13g
水・・・137cc
IMG_1616_convert_20171022145612.jpg

【作り方】
① 水と塩を混ぜ合わせる。
IMG_1617_convert_20171022145638.jpg

② ①の塩水を2、3回に分けて粉に加える。両手の指を立て、押し付けないようふんわりと混ぜる。粉の色がクリーム色系に変わるまで混ぜます。
IMG_1618_convert_20171022145706.jpg

③ 粉を団子状に形を整えたあと、ボールにラップをかぶせて20~30分ねかせる。
IMG_1619_convert_20171022145731.jpg

④ 丸い団子生地を大きめのビニール袋に入れる。足先を外側にして、回転しながら外から中へ約100回まんべんなく踏む。
IMG_1626_convert_20171022150011.jpg

踏み終えた状態。
IMG_1621_convert_20171022145757.jpg

扁平になった生地をビニール袋から取り出し丸めて団子にし、また足踏みする。この作業を2~3回繰り返す。
IMG_1622_convert_20171022145822.jpg

私は3回繰り返し、この状態。
IMG_1623_convert_20171022145848.jpg

⑤ うどん団子をビニール袋に入れ、ねかせる。
ねかす時間の目安は、
夏・・・30分~1時間
春・秋・・・1~2時間
冬・・・2~3時間
今回は、枕に挟んで2時間ねかせました。
ねーむれ ねーむれ
IMG_1624_convert_20171022145913.jpg

⑥ ねかした生地を足踏みし、2cmくらいの厚さの扁平にする。生地の上下に小麦粉の打ち粉をふりかける。生地の中央に麺棒を置き、向こう側に少しずつ延ばしていく。これを180度回転させ、また半分から向こうに延ばす。さらに90度回転させ、また半分から向こうに延ばし、置き換えて反対側も延ばす。生地を手前から麺棒に巻きつけ、麺棒ごと向こうへ押して引きこれを繰り返し、約3mmの厚さに仕上げる。
IMG_1627_convert_20171022150046.jpg

⑦ 延ばした生地を広げ、打ち粉を多めに振り掛ける。生地を屏風状に折りたたむ。(屏風状がいまいち分かりませんでしたが・・・)
IMG_1628_convert_20171022150112.jpg

⑧ 生地の片端から約3mm幅に切る。今回は、トレーの底を当てて切りました。
これだと手を切る心配もなし。
IMG_1631_convert_20171022150140.jpg

こんな感じ。 
少し太かったかな~
IMG_1632_convert_20171022150206.jpg

⑨ この麺を大きな鍋を使い、たっぷりの沸騰したお湯で10~12分茹でる。
今回は、12分茹でました。
IMG_1634_convert_20171022150237.jpg

今回、つゆに使ったのは「ねこんぶだし」 
鍋に、
水・・・1500cc
和風だしの素・・・小さじ1
ねこんぶだし・・・大さじ1
酒・みりん・・・各大さじ1
塩・・・小さじ
醤油・・・大さじ5
IMG_1625_convert_20171022145942.jpg

この日は、「おろしうどん」にしたので、
大根おろし、ネギ、鰹節をトッピング。
IMG_1635_convert_20171022150303.jpg

麺、やっぱりやや太いかな、でもコシがあり抜群の美味しさ。
IMG_1636_convert_20171022150329.jpg

我ながら、大変よく出来ました。 
大根も先の方をすりおろしたので、丁度いい辛味。
次は、もう少し細く切れるようがんばります。
妻も満足してくれました。
年末にでも、子供たちが帰ってきたら食べさせる楽しみができました。
本当に、うどんの美味しさが全然違います。
是非、試してみて下さい。


蒙古タンメン風 麻婆ラーメン

この日の昼は、辛いラーメンが食べたく、又、特別辛いのが食べたかったので、自分で作っちゃいました。 
蒙古タンメン風 麻婆ラーメン
【材料】(2人分)
中華麺(太麺がいいですよ)・・・2人前
豆腐(木綿)・・・1丁
豚ばら肉・・・3枚
もやし、にら、キャベツ・・・好きなだけ
ごま油・・・大さじ1
※水・・・1000cc
※鶏ガラスープの素・・・大さじ2
※一味唐辛子・・・大さじ2
※おろしにんにく・・・大さじ2
※味噌・・・大さじ4
※醤油・・・小さじ1
水溶き片栗粉・・・少々

【作り方】
① 豆腐・豚ばら肉を一口サイズに切る。
② フライパンにごま油とガーリックスライスを入れて加熱し、香りが立ってきたら、豚バラ肉を炒め、肉に火が通ったら、もやし・にら・キャベツを加えて炒める。
IMG_1507_convert_20170927190211.jpg

③ ②に※を加え、沸騰させる。
IMG_1508_convert_20170927190308.jpg

④ ③を1/3量位別の鍋に移し、豆腐を入れて温め、水溶き片栗粉で強めのとろみを付ける。
IMG_1509_convert_20170927190342.jpg

⑤ 中華麺を茹で、丼ぶりに③のスープを注ぎ、⑤の麺を入れ、④の麻婆のあんを掛け出来上がり。
IMG_1510_convert_20170927190419.jpg

スープは、おーーー辛いです。 
しかし、ホントの辛さは一味の辛さではないような、本当は、韓国唐辛子で作りたかったのですが売っていなかったので、次は、韓国唐辛子で試してみたいです。
IMG_1511_convert_20170927190454.jpg

麺は、極太麺を使いました。
これは、正解。
IMG_1512_convert_20170927190520.jpg

ちなみに、こちらが本物の「蒙古タンメン」
IMG_0657_convert_20170310195956.jpg

美味しかったですよ。
それにしても、妻はやさしいです。 
辛いので、「残してもいいよ。」と言ったのに、こんなバカ夫に付き合い、1時間半も掛けて完食してくれました。
ありがとーーー(直接、言えませんが)