山菜

この日は、朝5時に起きて山へ。
今年は、雪が多かったので山菜が出るのが遅いです。
朝の山は、気持ちがいいです。
IMG_0963_convert_20170514184335.jpg

山に行く人は、それぞれスポットがあるんです。
私のスポットは、ここ 
IMG_0962_convert_20170514184256.jpg

こごみ。
山に来れるのは日曜日だけ、こごみは少し伸びすぎていましたが、家で食べるにはOK!
IMG_0960_convert_20170514184100.jpg

アイコ。
IMG_0961_convert_20170514184201.jpg

この日は、山菜づくし。
こごみのおひたし。
IMG_0964_convert_20170514184424.jpg

アイコのおひたし。
同じおひたしでも、こごみとは食感・味が全然違います。
IMG_0970_convert_20170514184459.jpg

山ウドの天ぷら。
IMG_0971_convert_20170514184523.jpg

山ウドと鯖缶の煮物。
IMG_0972_convert_20170514184714.jpg

そして、一杯。 
IMG_0973_convert_20170514184741.jpg

この時期しか食べれない山菜。
私にとっては、一番の贅沢です。


うちのごはん121

ゴールデンウィークは、息子が帰省したので「おやじ18番」の料理でお・も・て・な・し。 
いわしの明太グラタン
【材料】(2人分)
いわし・・・2尾
辛子明太子・・・1/2はら
塩・・・小さじ1/4
ピザ用チーズ・・・120g
[ホワイトソース]
◎バター・・・大さじ1と1/2
◎小麦粉・・・大さじ2
◎牛乳・・・1カップ
◎塩・・・小さじ1/4
【作り方】
① いわしは頭をつけたまま、腹開きにし、塩をふる。パットに入れてラップをかぶせ、冷蔵庫に入れて1時間ほどおく。ペーパータオルで水けをふき取る。
② オーブンを220℃に温めはじめる。フライパンにバターを中火で溶かし、小麦粉を入れ炒める。粉っぽさがなくなったら、牛乳を少しずつ加えながら混ぜる。とろりとしたら、塩をふって混ぜ、火からおろす。
③ 明太子は薄皮に切り目を入れ、中身をしごき出す。①の腹に明太子を詰め、耐熱容器にのせる。②をかけてチーズを散らし、220℃のオーブンで15分ほど焼く。
見た目以上に美味しいですよ。
IMG_0955_convert_20170510200150.jpg

≪ネギトロとキムチのユッケ風≫
IMG_0953_convert_20170510200127.jpg

≪中華風ラーメンサラダ≫
IMG_0952_convert_20170510200019.jpg

そして、一杯。 
IMG_0956_convert_20170510200218.jpg

最近の「おやじ18番」の気付き。
人は決して一人では生きられない。
だからこそ、自分を取り巻く環境が大切である。


あさり塩バターラーメン

以前、東京の吉祥寺「麺屋海神 吉祥寺店」で食べた「蛤らぁめん」が美味しかったので、家でも食べれないかとチャレンジしました。
こちらが「麺屋海神 吉祥寺店」の「蛤らぁめん」 
IMG_0526_convert_20170209204514.jpg

今回は、「蛤」ではなく「あさり」にしました。
あさり塩バターラーメン
【材料】(1人分)
あさり・・・150g
A水・・・300cc
A酒・・・50cc
Aウエイパー・・・小さじ1/2
A顆粒だしの素・・・小さじ1/2
Aにんにくすりおろし・・・小さじ1/2
バター・・・7g
黒胡椒・・・適量
中華麺・・・1人分
トッピング・・・水菜、わかめ、半熟卵、白髪ねぎ
【作り方】
① 『砂抜き&塩抜き』を済ませたあさりはよく洗って汚れを取り除いておく。
② 鍋に《材料A》を全て入れて、強めの中火にかける。
③ ②が沸騰しかけたら①のあさりを入れる。そして、あさりの殻が開き始めたら弱めの中火にします。
④ 殻が開いたあさりを、別の容器に移します。
⑤ あさりを別の容器に移したら、バターを入れます。
⑥ 別の鍋で中華麺を表示時間通り茹でます。
⑦ 麺が茹で上がったら、器に⑤のスープ→麺→④のあさりをトッピング、残りの水菜・わかめ・半熟卵・白髪ねぎをトッピングして、黒胡椒をお好みで

※半熟卵もいい感じでしょ。 
今回は、沸騰したお湯に7分茹でました。
なかなかの見た目でしょ。 
IMG_0920_convert_20170504171258.jpg

スープは、あさりの旨味が出ています。
IMG_0921_convert_20170504171347.jpg

麺は、細縮れ麺を使いました。
あれば、ストレート麺でもいいかもしれません。
IMG_0922_convert_20170504171409.jpg

にんにくとバターを使ったので、本物とは全然違う出来でしたが、自宅ラーメンとしては  です。
是非、お試し下さい。


冷たい肉そば

以前、私が住む山形では、冷たい肉そばが名物で作り方を紹介しました。
その記事がこちら、
http://seijibaseball.blog.fc2.com/blog-entry-960.html
この時は、鶏もも肉を使いましたが、本場の冷たい肉そばは親鶏を使うので、今回は親鶏を使いました。
IMG_0913_convert_20170502202302.jpg

親鶏は、肉質はやや硬いですが、出汁が良く出ます。
IMG_0914_convert_20170502202414.jpg

冷たい肉そばには、やや太めの田舎そばが良く合います。
IMG_0915_convert_20170502202440.jpg

これから暑くなる季節、山形には「冷たい肉そば」と「冷たいラーメン」があります。
是非、山形県に来て下さい。
ご家庭で作っても、山形を感じられますよ。


うちのごはん120

以前から気になっていた、山口県発祥の麺料理、「瓦そば」をホットプレートで作ってみました。
≪瓦そば~ホットプレート焼き~≫
【材料】(4人分)
茶そば・乾めん・・・320g
牛薄切り肉・・・160g
Aみりん・・・大さじ1
Aしょうゆ・・・大さじ1
A砂糖・・・大さじ1
Aほんだし・・・少々
卵・・・2個
塩・・・少々
B水・・・2カップ
Bみりん・・・1/4カップ
Bしょうゆ・・・1/4カップ
B砂糖・・・大さじ1
Bほんだし・・・小さじ1
C万能ねぎの小口切り・・・適量
Cレモンの輪切り・・・4枚

【作り方】
① 茶そばはたっぷりの熱湯で表示時間より少し短めにゆでて水洗いして、水気をきる。
② ボウルに卵を溶きほぐし、塩を加えて、油小さじ1を熱したフライパンで薄く焼き、錦糸卵にする。
③ フライパンを熱し、牛肉、Aを入れて煮からめる。
④ 鍋にBを入れひと煮立ちさせ、そばつゆを作る。
⑤ ホットプレートに油小さじ1を入れて熱し、①のそばを加えて軽く焼き色がつくまで焼き、上に②の錦糸卵、③の牛肉をのせ、Cを彩りよく飾る。
⑥ ④のそばつゆに好みの薬味を入れながら、熱々の⑤のそばをつけて食べる。
IMG_0804_convert_20170420191457.jpg

そして、一杯。 
IMG_0805_convert_20170420191540.jpg

少し焦げたところが美味しいです。
是非、お試し下さい。