冷たい肉そば

美味しいと聞くとすぐ食べたくなる「おやじ18番」 
このブログでも何度か紹介した、山形県河北町名物の「冷たい肉そば」 
自宅でも食べれないかとチャレンジしました。
本当の肉そばは、親鶏を使うのですが、手に入らなければ普通の若鶏でもOK
今回は、若鶏を使いました。
【材料】(4人分)
鶏もも肉・・・2枚
三倍濃縮麺つゆ・・・300cc
水・・・1300cc
みりん・・・大さじ4
個包装の鰹節・・・2袋
サラダ油・・・小さじ1
ネギ・・・適宜
そば(乾麺でも生でも)・・・4人前

【作り方】
①鍋に湯を沸かし、縦に二等分した鶏肉を入れる。さっと表面の色が変わったら引き上げ、一度鍋を洗う。
IMG_0190_convert_20161130191701.jpg

②鍋に分量の水、めんつゆ、みりんを沸かす。
IMG_0191_convert_20161130191756.jpg

③沸いたら鶏肉を入れる。もう一度沸いたら弱火にしてゆらゆら揺れる位の火加減でアクを取りながら10分煮る。(蓋はしない)
IMG_0192_convert_20161130191827.jpg

④鶏肉を煮ている間にお茶パック2袋に鰹節を1袋ずつ詰める。
IMG_0193_convert_20161130191854.jpg

⑤10分煮たら最後に鍋の火を強め、ぐらぐらと沸いたところに④を入れ、すぐ火を止める。
IMG_0194_convert_20161130191922.jpg

⑥そのままあら熱を取る。その後冷蔵庫に入れてよく冷やす。冷やすと鶏の脂が固まるので取り除く。
IMG_0195_convert_20161130191947.jpg

⑦肉を取り出しそぎ切りにする。ネギを小口切りにする。つゆにサラダ油を入れる。
IMG_0196_convert_20161130192018.jpg

⑧そばを茹で、水でぬめりを取り、氷水でしめたら丼ぶり盛り付ける。
IMG_0197_convert_20161130192047.jpg

親鶏は、出汁は出るのですがやや硬く、若鶏は軟らかいのでまた違った美味しさ。
是非、試して山形名物を感じてください。


うちのごはん116

先日テレビで、三重県松阪市の「鶏焼肉」が紹介されていました。
松阪市と言えば「松阪牛」ですが、松阪牛は高価すぎるので、市民の方は牛肉より鶏肉を食べるそうなのです。 
私が住む山形県米沢市も「米沢牛」が有名ですが、私も人生今まで、米沢牛は数回しか食べたことがありません。 
同じなんですね。
そこで、「鶏焼肉」が気になったのでチャレンジしました。
鶏焼肉
【材料】(2人分)
鶏もも肉・・・3枚
お好みの野菜・・・適量
★味噌だれ
赤味噌・・・大さじ3
合わせ味噌・・・大さじ1 1/2
みりん・・・大さじ1
酒・・・大さじ3
ニンニクすりおろし・・・1片

【作り方】
①味噌だれを混ぜて半分はもみだれ用で置いておく。もう半分はつけだれ用に鍋に入れて加熱する。(※焦げないように注意)
②鶏肉は半分に切り、削ぎ切りで更に食べやすいように切る。
③もみだれ用に切った鶏肉を加えて揉み込む。
IMG_0187_convert_20161127163506.jpg

できれば網で焼いた方がいいようですが、ご家庭でしたらフライパンやホットプレートでも
IMG_0188_convert_20161127163553.jpg

そして、一杯。 
さらに、つけだれを付けていただきます。
IMG_0189_convert_20161127163621.jpg

抜群の美味しさです。
ごはんにもビールにも合います。
是非、お試しください。
三重県にもお邪魔したいです。


うちのごはん115

最近のおやじ18番のマイブームが「豆乳
みなさんもご存知の通り、豆乳は体にいいことが多いですよね。
一つは、筋肉を作るのにも必要なタンパク質が摂れるので毎日飲むようにしています。 
また、大豆ペプチドを含むので、運動をすると効率的に脂肪を燃焼してくれるので、肥満防止に最適です。
ただし、一日の摂取量は、200mlが良いようなのでご注意下さい。
1479897538884_convert_20161124082404.jpg

そこで鍋の季節、「豆乳鍋」にしました。 
豆乳鍋
【材料】(4人分)
手羽元・・・12本
しめじ・・・1袋
水菜・・・1/2袋
昆布・・・10cm角
豆乳・・・1ℓ
塩、こしょう・・・各適量
昆布茶、しょうゆ、酒・・・各大さじ1

【作り方】
① しめじは石づきを落としてほぐし、水菜は4cm長さに切る。手羽元は骨の周囲に切り込みを入れ、塩、こしょうをまぶす。
② 鍋に昆布と豆乳を入れ、沸騰しないように弱火で温め、昆布茶、しょうゆ、酒を加える。
③ 手羽元を入れて煮、火が通ったらしめじ、水菜の順で加える。
1479897521713_convert_20161124082343.jpg

そして、一杯。 
1479897495901_convert_20161124082310.jpg

〆は、あえてうどんを入れて、クリームパスタ風に。
1479899795509_convert_20161124082425.jpg

いままで、なんとなく豆乳と鍋が結びつかなく、食わず嫌いでした。
その美味しさにびっくり。 
是非、お試しください。


琴平荘(箱入り生麺)

山形県鶴岡市「琴平荘」の箱入り生麺をいただきました。 
琴平荘は、山形県ではいろいろなラーメンの雑誌などで1位のお店なので行ってみたいのですが、私の地域からも自動車で3時間近くかかるのと、琴平荘さんがもともとは旅館で、ラーメンは10月から5月までしか営業していないので、まだ行っていません。
KC4A0437_convert_20161123175659.jpg

箱には、麺とスープ素が入っているので、チャーシューとメンマは市販のものをトッピング。
KC4A0438_convert_20161123175748.jpg

スープは、動物系と魚介系のスープ。
KC4A0439_convert_20161123175814.jpg

麺は、細くやや縮れ麺。
KC4A0440_convert_20161123175837.jpg

美味しかったです。 
いたってシンプルな醤油ラーメン。
山形県NO.1の味は、やっぱり実際に行って確かめたいです。


支那そば たまや錦

山形県天童市「支那そば たまや錦」に行きました。 
山形県では人気の、たまや系列のお店です。 お知らせ
IMG_0183_convert_20161122083610.jpg

こちらが、メニュー 
まずは、食券をお求めください。 お知らせ
IMG_0177_convert_20161122083314.jpg

「マナサン」 
気になります。 
IMG_0178_convert_20161122083357.jpg

支那そば錦(680円) お知らせ
IMG_0179_convert_20161122083424.jpg

マナサンラーメン(750円)+大盛(150円) お知らせ
IMG_0180_convert_20161122083513.jpg

スープは、煮干しが効いた美味しいスープです。
IMG_0181_convert_20161122083534.jpg

麺は、極太縮れ麺。
普通盛りでも、300gとボリュームがあります。
IMG_0182_convert_20161122083554.jpg

美味しかったです。
ごちそうさまでした。
なんとなく、山形県で人気店の「ケンチャンラーメン」に似ている感じがしました。
「ケンチャンラーメン」には味噌がないので、次は「マナサン味噌」を食べてみたいです。


免許書き換え

この日は、妻の免許書き換えに行きました。 
自動車教習所に来ると、なんとなく気持ちが引き締まりませんか。 
でも、結局人はその気持ちをすぐ忘れて、その日だけなんですよね。 
最近、高齢者ドライバーによる事故が多く話題になっています。
1年半ほど前、書いた記事を思い出しました。
それが、こちら。 
http://seijibaseball.blog.fc2.com/blog-entry-476.html

IMG_0176_convert_20161120195105.jpg

たしかに、私が住む山形県も1世帯当たりの自動車保有台数が全国上位で、地方にとっては自動車はなくてはならないものです。しかし、先日聞いたのが「ハインリッヒの法則」
1件の大きな事故の裏には、29件の軽微な事故、そして300件もの事故にはならなかったがヒヤリ・ハットしたことがある「1:29:300」という法則である。
それを考えると、これだけ事故が起きているということは数えきれないほどのヒヤリ・ハットすることがあるということ、いずれ私も直面する問題だと思いますが、決して他人ごとではない高齢化社会の大きな問題の一つですね。


やまとや本店

山形県米沢市、「やまとや本店」に行きました。 
IMG_0175_convert_20161119194713.jpg

こちらが、メニュー 
ロースーめんが気になりましたが・・・
IMG_0170_convert_20161119194339.jpg

IMG_0171_convert_20161119194435.jpg

辛味噌らーめん(800円)+大盛(120円) お知らせ
IMG_0172_convert_20161119194520.jpg

スープは、赤味噌
地元では、なかなか珍しい味です。
IMG_0173_convert_20161119194606.jpg

麺は、細縮れで黄色い麺です。
IMG_0174_convert_20161119194653.jpg

美味しかったです。 
ごちそうさまでした。
特に、チャーシューが美味しかったです。
ここでないと食べれない味、これも大事ですよね。


オランダせんべい

私の地域では、子供の頃から目にしてきた「オランダせんべい」 
50年以上も愛されつづけています。 
全国どこでも食べられていると思っていましたが、山形県酒田市の名物のようです。
IMG_0167_convert_20161116183106.jpg

IMG_0166_convert_20161116183020.jpg

「オランダ」の語源は、酒田市の方言で「私たち」のことを「おらだ」ということから名づけられたようです。
若い時は、「スナック菓子」ですが、年齢とともになぜか「せんべい」ですよね。 
サクサクした食感と、少し強めの塩味が癖になり止まりません。
気付けば指も舐めています。
山形に来た際は、「食べでけろな。」 


すがい

この日は、私の両親を連れて、山形県東置賜郡高畠町「すがい」に行きました。
今ではすっかり人気店に、県外からも訪れているので週末は混み合います。 お知らせ
IMG_0156_convert_20161114082225.jpg

こちらが、メニュー 
IMG_0147_convert_20161114081932.jpg

IMG_0148_convert_20161114082006.jpg

IMG_0149_convert_20161114082033.jpg

私の地域では、ラーメンにこんな「たくわん」が付いてくるお店も多いです。 
IMG_0155_convert_20161114082207.jpg

ラーメン(550円) お知らせ
IMG_0150_convert_20161114082053.jpg

チャーシューメン(700円)+大盛り(100円) お知らせ
IMG_0152_convert_20161114082112.jpg

スープは、透明度が高いスープです。
鶏がら煮干しのスープですが、何かの甘みを感じます。 
IMG_0153_convert_20161114082130.jpg

麺は、極細縮れ麺。
茹で加減も好み。 
IMG_0154_convert_20161114082149.jpg

私の親父の褒め言葉も出ました。
「ん~、味いいな。」 
美味しかったです。 
ごちそうさまでした。


うちのごはん114

先日は、妻の24回目の誕生日でした。 
料理で祝ってあげました。 
モッツァレラチーズのミートパイ
【材料】(4人分)
合挽肉・・・200g
玉ねぎ・・・1個(みじん切り)
にんにく・・・1片(みじん切り)
モッツァレラチーズ・・・1袋
冷凍パイシート・・・4枚
塩こしょう・・・少々
醤油・・・小さじ1
ケチャップ・・・大さじ3
赤ワイン・・・50cc
オリーブオイル・・・大さじ1

【作り方】
①フライパンにオリーブオイルを入れてにんにくと玉ねぎを炒める。玉ねぎが透明になったらひき肉を入れてしっかりと炒める。
②塩こしょう、醤油、ケチャップを入れて炒め、味が整ったら赤ワインを入れて蓋をしてしばらくして蓋を外して水分を飛ばす。
③パイ皿に解凍したパイシートを下に敷いてフォークで刺す。そこへ挽肉を乗せて、上からモッツァレラチーズを切って乗せる。
④細く切ったパイ生地をパイ皿の端と上にマス目状に置く。200度に余熱をしたオープンに入れて20分ほど焼く。


これ一品あるだけで、メニューが華やかになりますよ。
IMG_0163_convert_20161114082320.jpg

ローストビーフ
IMG_0161_convert_20161114082244.jpg

ほうれん草と生ハムとカマンベールチーズのサラダ
IMG_0162_convert_20161114082302.jpg

そして、一杯。 
IMG_0164_convert_20161114082338.jpg

ピンクのバラの花言葉は、「感謝」です。